若い人の「パーソナルカラー」

パーソナルカラー・アナリストの方の必需品といえば、診断用のドレープだが、100枚とか120枚になると結構な嵩(かさ)になって、仕事の予定もないのに毎日持ち歩くわけにはいかない。

それでも、「あの人、似合う色を見てくれるらしいよ」というふうに周囲の認識が高まってくると、「ねえ、私ってどういう色が似合うの?」などと尋ねられることはままある。

尋ねられても、仕事の七つ道具がなければ、なんとも言えない。

そこで、私は、非常にコンパクトにした自作の診断キッドをなるべく持ち歩いている。

パーソナルカラー用とカラーセラピー用を揃えているが、まあ、飲み会などの余興的な感覚で持っている。

先日、若い人(10代後半)の肌色を見る機会があった。髪を染めたいのだが、どんな色がいいのか思案中の様子だったので、ちょっと、簡単に見てみた。(診断と言えるほどのものではないです)

金銀ドレープで肌色の映りを見るだけなのだが、面白いことに気付いた。

その場にいたのは、10代後半、20代なかば、40代後半、50代前半の4人なのだが、金銀ドレープだけでも、中年二人は、明らかに似合わない色がはっきりするのに対して、若い人は、遜色があまりないので似合うか似合わないかが分かり難いのだ。

そりゃそうなのよね。

若い人は、トラブル(シミとかシワとか)のほとんどないきれいな肌を持っているから、元々の持ち点が高い。

だから、恐らく似合い難いだろうと思われる色をあてがっても、それほどダメージがない。

それに比べ、中年の肌は、シミ・シワ・くすみ、なんでも来てますから、ここで似合い難いだろうと思われる色をあてがったら、ダメージも辛いものがあるのだ。

やはり、若い人向けには、金銀ドレープだけではなく、テストカラーくらいは持ってないと、言いきる診断には無理がある。

まあ、若いうちは似合わない色によるマイナスが小さいので、似合う似合わないに関係なく、色々な色を試してみるのが一番だ。

そして、色々な色を試す中で、自分の目を養うこと。これが大事だ。

似合わない色を気にするのは、お肌のカドを感じ始めてからでいいんじゃないの。

というか、お肌のカドを感じたら、もうパーソナルカラーの診断は受けるべきだね。坂道下るのは早いからね(笑)。

| パーソナルカラー | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ここ最近の「反応する色」

ちょっと、色鉛筆で、今の自分が“反応する”色を調べてみた。

色鉛筆を一色ずつ、左手に乗せて、各色毎にどう感じるかを確かめてみるやり方だ。

そうすると、今日、自分が反応した色は、無彩色の3色(白・黒・グレイ)と赤と緑、インディゴとピンクだった。

へー、そうなんだ。

無彩色が入るのは分かっていた。

ここのところ、頭の中が混沌として、“スッキリ”という快感が得られていない日々を送っていたからね。

風邪をひいて、まだ薬を飲んでいるというのも、影響しているかも知れない。

それを裏付けるように、赤と緑に反応したというのも納得だな。

補色の関係の2色だが、たぶんに、「肉体」との関係を説いていることがある。

そして、ピンクとインディゴかあ。

ピンクは、ここ最近に限らず、他力本願的な自分を感じることが多々あるので、それでしょう。

インディゴも、このところの混沌とした気分なら、自己内省モードに入っていることの証でもあろう。

面白いな、と思うのは、やっぱり今日は、今日反応した色のほうが、自分にしっくりくる感じがあること。

いつもなら、たいてい興味を示す黄色やオレンジ、黄緑などが、今日は浮ついた感じに見えて、手に取りたいとは思わないこと。

今日のヒーリングカラーは、無彩色と赤、緑、ピンク、インディゴだな。やっぱり。

自分が欲するものに敏感になると、自ずと自分をサポートしてくれるものが何か、それもわかってくる。

自分をいたわるとは、そういうこと。

| 色の小話 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

…の力

朝の連続ドラマ、見ています?

今日、介護士と保育士の友人たちと話した話題です。

御歳88才のファッションデザイナーの糸子さんが、病院でファッションショーを開催することになり、看護師長と話す内容で、「医療にも力がある。服にも力がある。」というのがありました。

人を元気にする力、人の笑顔を引き出す力、そういったもののことを言っているのですが、今日の放送は、ショーが開催されたシーンでした。

モデルは患者さんや看護師さんたち。あつらえた服を着て、生き生きと堂々とキャットウォークを歩いていく。

そして、モデルさんも観客も、笑顔笑顔で大盛況。

介護士の友人は、介護を必要とする高齢者の施設で働いていますが、高齢者が元気を出すのは医療だけではないことを現場で見ており、今日の放送はいたく共感したそうです。

メイクやアロマトリートメントなど、人から施してもらって、高齢者の方の表情がふっと柔らかくなったり、嬉しそうな表情を見せたり、心が喜んでいるのが分かりますよね。

カラーコーディネーターの私たちは、「色の力」を知っていますが、それが万能でないことも知っています。

世の中には、数えきれないほどいろんなヒーリングがあり、それぞれがそれなりの効果をあげています。

自分が関わっているものを、“これしかない”と妄信するのではなく、一つの方法として捉え、他にも可能性を広げてくれるものがあれば、寛容に受け入れていく、そんなスタンスでいたいと思う。

| 心理・五感 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「頭」と「心」を使う

最近、ちょっと考えてしまったことがある。

人は、物事を知るためには、「頭」を使ったほうがいいのか、「心」を使ったほうがいいのか。

カウンセリングの場でよく言われる、「受容」と「共感」というのがあるが、クライアントさんの話を聴いていく際に、「頭」で理解しようとするのと、「心」で感じようとするのは、どちらが優先されるのだろう。

答は、どっちも必要なんだろうな。

事柄を把握していくには、やはり「頭」を使って理解していく。

そして、それによって、クライアントさんがどのように感じたのかという部分は、こちらも「心」で感じ取れるといいのだろうな。

だけれど、言語(左脳)を使っている時に、同時に右脳も活性化させているということなんて、人は出来るのだろうか。

私は左脳派なので、“感じたい”時は、感じることに意識を向けないと取りこぼしてしまう時がある。

難しいよね。ましてや、クライアントさんに生じた感情が、自分は体験したことがない事柄によるものであったら、もう、想像力を駆使するしかないよね。

人を理解するって、今さらながら、難しいなあ、と思う。

自分の心の構造ですら、何層にも構築されていて複雑な迷路みたいに感じることがある。

それが他人のこととなると、なおさら分からないわけで、浅くしかすくえない自分の力不足に、情けなさや無力感を感じてしまう。

私って、何だろう。(仕事上の)私の存在の意味はあるのだろうか。

なんてね。おっと、これは、悩みの迷宮に入りかけているぞ。

無理をする必要はないけれど、自分を芯に据え直して、前を見て!今手元にあるものからこなしていく。

結局、一歩一歩、なんだよなあ。

| 心理・五感 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

グレーの空を塗り替えよう

こちらのコラムがご無沙汰になってしまった。

もう一つ、アメブロのブログを書いているので、双方のネタを振り分けて集めるのが結構めんどうでね(苦笑)。


さて、早いもので、来月には新年度を迎えるわけで、色々と忙しくしている方も多いだろう。

新しい節目を迎えるのは気持ちのいいものだ。というか、気持ち良く迎えたいものだ。

この1、2月の寒さと3月の長雨で、なんか気分も沈みがちで、スッキリしたい!という願望がむくむく芽生えているこの頃だ。

曇りや雨の日は、私たちの上空を占める空の色は「グレー」である。

「グレー」は、色彩心理面でもやはり“スッキリしない”感情を示す色である。

プライマリーアソシエーションから考えても、「煙の色、灰の色、泥の色」など、煙がかかってよく見えなかったり、燃え尽きてしまった残りカスで希望を感じ難い感覚だったり、べちゃべちゃした感触のあまり気持ちのいいものではない感覚だったり、ポジティブ要素を探し難い色だ。

また、白と黒の中間の色で、究極の「白・黒」に比べて、これまたはっきりしない「グレー」、どっちつかずで曖昧な答で濁すような、責任回避カラーでもある。

そんな「グレー」が、見上げる空一面を占めているここ最近の光景なのだから、私たちの気分がスッキリしないのも無理はない。

これを打開するには、やはり“色”作戦。紙と色鉛筆を用意しよう。

この場合、つい最近で感情が乱れるようなことが特になければ、カラーヒーリングにおける「吐き出し」の工程は省いて、「再生効果」を狙った色塗りから始めていいと思う。

まず、理想とか希望とかを観点に、未来像をイメージしてみる。願望が具体的にある人は、そのイメージをもっと膨らませてもいい。

そして、そのイメージを表すのに自分でこれがふさわしいと思う色を、多色の色材から好きに選び、紙に好きなように色を落としてみる。

形も好きなように。丸でも渦巻きでも、ハート型でも花丸でもいい。画面を占めるようにただ塗るだけでもいい。

塗っているうちに、さらにイメージが湧いてきたり、「こういうふうに塗りたい!」と感じたものもどんどん塗っていこう。

紙が足りなくなったら、新しいのに描き足していい。時間(作業)の経過によって、気分も変わってくるし、新たに発見した自分の思いなどもあるだろうからね。

要するに、気が済むまで“塗る”ということだ。

そうすると、だんだん落ち着いてきて、何か気分がスッキリしているのに気が付くだろう。

そうそう、体を動かすのも大事だから、ポーズをとったり踊りを入れながら(?)、塗ってみてもいいよ。


さて、天気のほうも、そろそろスッキリしてくれーい。

| カラーセラピー | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ぬり絵をしてみる

先日、久々に「ぬり絵」をしてみた。

色を塗るにあたって最初は色々考えるが、塗り始めると、案外無心になって塗っているものである。

気分がいいと、鼻歌など歌いながら、色塗りをやっていたりする。

絵を描く時もそうだが、どの色を選択するのが正しい、なんてことはない。

好きに自由に描けばいい。

先日の「ぬり絵」のお題は、「冷たい」とか「温かい」とか、「健やか」や「かゆみ」、「だるい」といったものを感じたままに色を塗ることで表現することだった。

「冷たい」というのは、やはり青系の色を中心に塗った。でも、なんかそれだけでは満足しなくて、一色赤系の色も加えてみた。

「冷たい」というフレーズに、一抹の救いのようなものが欲しかったからだ。

「温かい」は、今回はピンク系で塗りたかった。それにハート型まで描いてしまった。

なにかこの温かさは、心の温かさというか、心が温めてくれるような感じのものにしたかった。

「かゆみ」は、赤系の色でぐるぐる渦巻きを描いた。なんかかゆいとイライラしません?そんな感じ。

「だるい」は、どよーんとした色を選択して、どよーんとした感じのしずくを描いた。

「健やか」は、若葉のイメージで、黄緑や緑を中心にしてみた。

どれも、私のイメージと今の具合が表れている。ほほう、なるほどね。

やっているうちに、面白くなってきた。

ぬり絵は、単純だけれど、ちょっとした解放感が味わえるツールだね。

| 色の小話 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM