<< やってみました!「お試しセミナー」 | main | 新しく、自分らしく >>

経済学セミナーに行く

先日から、福岡大学の市民カレッジに通っている。

選択したのは、『起業と経営に役立つ経済学入門』で全5回のコースだ。

すでに3回の聴講を済ませたが、正直言って…よくわかりません!(^^;)

講座の初日に言われました…。「経済学と経営学は違います」って。

たぶん、間違えて申し込みする人が過去にいて、期待した授業じゃなかった!と言われたケースがあったんだろうなあ、と思った。

はい、私もそうです。 そうよね、わかりそうなものなのに。……

まあ、でも、良い刺激になっている。部分的には理解出来てるし。

だいたい、なんで今さら経済学なのか。とっくに起業しているのに。

だいぶ以前にこのコラムに書いたことがあると思うが、経営のこととか本当に何も知らずに「色彩感」を開業してしまいました、無謀にも。

理念とポリシーはしっかり持っていたけれど、自営業をやっている人も身近におらず、モデルケースをシミュレートすることも出来なかったし、自分の経歴でもメーカー勤務くらいで、小売業のような一般個人客相手の商売など、全然。

それまでのフリーランスとしての働き方の延長線上でしかなかった。

だから、どうして「色彩感」の運営が12年も上手くいっていたのか、当の本人がわからなかった。

初年度こそ、色彩関連の売り上げは100万に満たなかったけれど、年を重ねる毎に倍倍ペースで伸びていった。

ただ、強い目的意識はあった。今後の人生を賭けるくらいの勢いでね。

それに関しては、女性にありがちな“サロンとか出来たらいいな♪”程度の軽い気持ちでは決してない。執念と集中力を持って挑んできた、と自負できる。

で、反対に、駄目になった理由はよく分かる。

病気のこともあるけれど、そもそも自分がいなければ回転しない仕組みだったことは大きな間違い。

また、流動的な費用と固定的な費用の捉え方が出来てなかった。

ある時期から事業主貸に固定的な支出が増えることになり、計算上は問題なかったのだが、月によって収支が違うと割を食う経費が発生し、それが「色彩感」の場合、設備投資の経費だった。

それは、「色彩感」を魅力あるものとして維持するのであれば、削ってはいけない費用なのだ。

そんなことが後からわかってもしょうがないね。

まあ、ホント、今さらなんだけれど、過去の反省をし、これからの戦略を考えるために、「経済学」、学んできま〜す。
| 色彩感 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301772

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM