<< …の力 | main | 若い人の「パーソナルカラー」 >>

ここ最近の「反応する色」

ちょっと、色鉛筆で、今の自分が“反応する”色を調べてみた。

色鉛筆を一色ずつ、左手に乗せて、各色毎にどう感じるかを確かめてみるやり方だ。

そうすると、今日、自分が反応した色は、無彩色の3色(白・黒・グレイ)と赤と緑、インディゴとピンクだった。

へー、そうなんだ。

無彩色が入るのは分かっていた。

ここのところ、頭の中が混沌として、“スッキリ”という快感が得られていない日々を送っていたからね。

風邪をひいて、まだ薬を飲んでいるというのも、影響しているかも知れない。

それを裏付けるように、赤と緑に反応したというのも納得だな。

補色の関係の2色だが、たぶんに、「肉体」との関係を説いていることがある。

そして、ピンクとインディゴかあ。

ピンクは、ここ最近に限らず、他力本願的な自分を感じることが多々あるので、それでしょう。

インディゴも、このところの混沌とした気分なら、自己内省モードに入っていることの証でもあろう。

面白いな、と思うのは、やっぱり今日は、今日反応した色のほうが、自分にしっくりくる感じがあること。

いつもなら、たいてい興味を示す黄色やオレンジ、黄緑などが、今日は浮ついた感じに見えて、手に取りたいとは思わないこと。

今日のヒーリングカラーは、無彩色と赤、緑、ピンク、インディゴだな。やっぱり。

自分が欲するものに敏感になると、自ずと自分をサポートしてくれるものが何か、それもわかってくる。

自分をいたわるとは、そういうこと。

| 色の小話 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301767

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM