<< 友人とお買い物 | main | 努力の証(あかし)、ゴールド >>

「似合う」と「似合わない」と「心地良い」

パーソナルカラーの診断を受けたり、アドバイスをもらったりしたことがある方から、たまに耳にすることなのだが、

「私は□□タイプで、○○色は着て良いけれど、△△色は着ちゃいけないんでしょ?だから、診断以来、△△色は一切着なくなりました!」

これ、何か、引っかかるものが私にはある。

それは、確かに、逆立ちしても似合わない色があるのは事実で、その色を避けるのは賢明なことだ。

私が引っかかったのは、先の発言の根底に、パーソナルカラーを「良い・悪い」で判断していそうな雰囲気が、感じられたからだ。

似合う・似合わないで診断されて提示される色については、似合う色を着ることが良いことで、似合わない色を着ることは悪いこと、では当然ない。

似合わなくても着たければ、着ればいい。別に悪いことは何もない。

どうしても、その色が必要になる心理的な状態もあると思う。

私たちは、いつでも自由に選択できる権利が一人ひとりにあって、アナリストがこう言ったからといって、従わなければならないことなんて何一つない。

パーソナルカラーの診断で知っていて欲しいのは、仮に△△色が似合いにくいとしても、着たければ着ればいいということ。ただ、“この色は、私には合わせるのが難しい色だったよなあ”と知っていることが大事だ。

絶対ここは外せない!という勝負時は、自分が一番映える色を着たほうがいいし、普通の時はお好みで、似合う色でも合わせるのが難しい色でも、着たい色を自由に選択すればいい。

ちなみに、もし、似合いにくいと言われた色でも着てみたい!と思ったら、スカーフやマフラーなどで、顔のすぐそばに来る色を調整する。顔・首と接しているトップスの色を、スカーフをはさむことで色を分断するのだ。

スカートやパンツなどのボトムスの色は、もともと顔からは離れているので、そう神経質になることはない。

身に着けるものは、似合うことも大事だが、自分が心地よくなる選択が一番大事なことだ。

| パーソナルカラー | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301754

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM