<< バーゲンの「赤」 | main | 本当は自由な感情 >>

パーソナルカラーで賢い買い物

自分の「パーソナルカラー(=似合う色)」を知っていて、なおかつ日々活用している方は、間違いなく買い物が早い。

買い物が早くなる理由は、迷いが少ないからだが、パーソナルカラーの知識が不要な迷いを払拭してくれる。

何度か書いているが、まず、自分にはどうあがいたって似合わない色を把握しておくこと。

どんなにデザインが素敵でも、着心地が良い上質のものでも、また、値段が魅力的であっても、それが自分には似合わない“色”ならば、手を出さないことだ。絶対に、後々無駄になる。

私の場合であれば、「ブルーベースのサマータイプ」なのだが、茶色とオレンジ系の色は全く似合わない。

黒も洋服として着るには厳しいが、靴や鞄であれば占める面積が少ないし、黒はブルーベースなので、茶色を選択するよりかは賢い。

靴もブーツなどになると、装い全体に占める面積が多くなるので、黒はなるべく買わない。せいぜいダークグレーあたりに留めておく。

同じ理由で、パンツやロングスカートは、結構、占める面積が多くなるから、色選びも気を抜かないほうがいい。

以前、冬用に黒のミディ・スカートと、頂いた黒地のマキシ・スカートを持っていたが、やっぱり、どう合わせてもしっくり来ない。黒の面積が多くて、トップスにサマータイプのカラーを持ってきても、なかなか黒の強さを打ち消せないのだ。

「黒」であっても、素材やデザインを工夫して、緩和させる方法もある。

私の場合であれば、サマータイプに合う柔らかい素材のものを選ぶとか、黒の服でも、透かし模様やジャカード柄などで黒一辺倒に見えないものにするなど工夫する。

冬場は、市場が明度の低い色に偏るので、「サマータイプ」に合うような淡白な色が少なくて困る。(それでも、意地でも探すけれどね)

買い物が早いという話から、「黒」の話になってしまったな。

まあ、要するに、自分のパーソナルカラーを知っておくこととその応用の仕方、似合わない色の理解、似合い難い色の緩和のさせ方、などを勉強しておくと、買い物の時に無駄に考える時間を省き、判断力が増して、満足のいく買い物が出来るようになるよ、というお話でした。

| パーソナルカラー | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301743

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM