<< 経年経過、 成長する | main | こんな時は…何色? >>

お客様から教えていただくこと

学生時代、将来の仕事について、人と接する仕事をする意識は全くなかった。

OLの次に就いた職業も、かなり多くの業種や人と接する仕事ではあったが、他人が思うほど、その仕事から“人”のことが学べた訳ではなかった。いわば“人に慣れた”だけだろう。

そして、“人”を理解するためには、まず、自分自身のことが分かっていなければ話にならないが、30を過ぎても、自分の行動パターンが読めてなく、自分の所業に自己嫌悪を感じることはしょっちゅうだった。

生き方が楽になったのは、やっぱり、「カラーセラピー」を学んでからだ。

また、「パーソナルカラー」の知識も様々な面で自分に還元され、大きな価値を生んだ。

この、「カラーセラピー」や「パーソナルカラー」を人に行うようになって、次の学びは“人”を知ることだった。

マンツーマンで、一人ひとりのお客様のニーズを推し量り、応えていくことは、お客様から教えていただくことがいっぱいだ。

そして、この学びは、自分の日常にも活かされる。

公私両方の機会で、様々なコミュニケーションの場面での処し方がわかる。

初対面の方であっても、話していくと、なんとなくは、「ああ、この方は、こういう人だなあ」とパターンのようなものが分かってくる。(全てを理解している訳ではなく、あくまでも私の想像の域です)

この時、私は、その方を色彩心理に出てくる色にたとえて把握したり記憶したりする。

しかし、普通の話をしてみただけでは、なかなかその方のことがよくは分からないこともある。

そんな時は、とりあえずの第一印象でもって、その方を把握をしておくが、後に、好きな色などが分かったら、あらためて推察をすることもある。が、それが自分の第一印象と違うこともよくある。

信じるのは選んでもらった“色”のほう。

第一印象、見た目から感じるイメージが“色”によって覆された時は、ちょっとわくわくする。それは、一気に情報が流れ込んでくるチャンスだからだ。

色は、はるかに饒舌で、様々なことを教えてくれる。これは、その方を理解するヒントを沢山散りばめてもらったような感じだ。

多種多様な一人ひとりの“パーソナリティ”に出会わせて頂いて、本当に大感謝である。

お客様から教えていただいたことは、“感謝の気持ち”と“愛しさ”、だと思う。心からお礼申し上げます。ありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ありがとうございます!
| 心理・五感 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301730

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM