<< 色で“人”を知る 4 | main | 色で“人”を知る グリーン >>

色で“人”を知る イエロー

「イエロー」の人は、よく自己チューと評価されることがあるが、この評価も、悪い意味で捉えないほうがいい。

人から注目されること、自分が中心にいることで、輝きを増す人だ。

“自分、大好き!”と照れもなく言い切れることは素晴らしいことで、自分の人生を有意義に生きている証だ。

最近、受講を続けているシータヒーリングでも、自分自身を愛することの重要性を説かれた。

私たちがカラーセラピーなどのセッションを行っていると、クライアントさんにはやはり、自分を愛せていない人、自分を過小評価しか出来ない人、愚痴や不満で自分を傷つけている人が多い。

その点、「イエロー」さんは、堂々と前に出て、自分を表現できる。

そして、そのアピールに気付いてもらえると、益々、エネルギーを補給出来る体質なのだから、こういう点はすごい特技である。

こういう体質、自分が好きで、自分に自信があるからこそ、あり得ることなのだ。

弱点は、神経質なところと、論理的になり過ぎるところ。

周りの目を気にし過ぎるところから、神経質になってしまうこともある。

また、論理的な思考が損得勘定に走ってしまい、自分のマインドがわからなくなってしまったり、理屈っぽくなって周りが付いていけない事態になることもある。

論理性から物事の客観視が出来るが、情緒が入る隙がないのも悩みの種だ。

「イエロー」さんと付き合う場合(上手く扱う方法)、適宜褒めてあげると成長する。

日頃の付き合いの中から、褒められそうなポイントをチェックしておき、適当なところでプラス評価をしてあげると良い。

しかし、プライドは高いほうなので、褒める場合も上から目線は禁物だ。

自分が認めている人から褒められるのはイエローさんも気持ちが良いのだが、そうでない人からの場合は、褒めるというよりも、“すごいねー、さすがだねー”と持ち上げることだ。

あとは、“私はあなたに関心を持っていますよ”ということを時々示すこと。

まあ、多少、増長するかも知れないけれどね。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ご協力ありがとうございます!
| 色の小話 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.shikisaikan.net/trackback/1301715

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM