新しく、自分らしく

以前、このコラムにも書いたことがあると思うが、最初に私が「色彩」を自分の仕事として行いたいと思っていたのは、パーソナルカラー・アナリシスである。

カラーセラピーなど、セラピーそのものにも興味がなかったし、自分に必要などとは、全く思ってなかった。サロンを開業する際は、古い友人たちからもかなり驚かれた。

サロンとして営業するにはPカラーだけではネタが少なすぎて、人寄せパンダ的にカラーセラピーを採り入れたに過ぎなかった。

しかし、いざ自分がカラーセラピーを営業として行い始めると、私が学んだカラーセラピーの授業では触れていなかったが、とても重要なことがあることに気が付いた。

「他人の心に触れる」。無責任に扱っては絶対にいけない繊細なものに対して、深く考えずにカラーセラピーを敢行するのは、あまりにも罪深いと思ったのだ。

そこで、開業後ではあるが、すぐ、名古屋(カラーセラピーを学んだ学校がある所)に飛んで、オプションで行っていた、カウンセリングの講座を受講した。

それが、私のカラーセラピーのベースにはある。

自分がカラーセラピーを教える立場の時は、カウンセリングの知識を授業に盛り込み、単に「カラーセラピー」を教えるのではなく、「カラーセラピスト=人の心に触れることを自覚している人」の養成として取り組んでいた。

そして、“カラーセラピー”…というか、“色彩”が人の気持ちの理解、人のパーソナリティや行動パターンの一端を察するのに、とても有効・有用である、ということを世間に伝えるためにも、自分にカウンセラーの資格が必要だと思った。

当時(15年くらい前)、カラーセラピーがどういうものかも知られておらず、自ずと認知度も低く、どちらかと言うと、仰々しいガラスボトルばかりが目立ち、キワモノ的に扱われているところがあった。

私が、オーラライトやセンセーションのカラーセラピストとしてしか発言しなかったら、信心する宗教を必死に主張する人にしか見えなかったかも知れない。

もっと、フラットな立場で発言したい。オーラライトやセンセーションをキワモノ的に見せないためにも、心理の関係者として中立に(恐らく)感じさせる「カウンセラー」という肩書きが欲しかった。

産業カウンセラーの勉強をして、資格を取得したのは、そんないきさつからである。

カラーセラピーの原点は“色”である。この最もシンプルなことが、ガラスボトルやシステムがあるためにぼやけてしまうなら、様々な専用ツールはいらない、とさえ私は思う。

ものの弾みで(笑)始めてしまったカラーセラピーだが、そこから必要に迫られて心理学やカウンセリング、精神世界の考え方を学んだことで、メンタルが随分強くなれたと思う。

自分を信じる力が生まれ、自分で苦難を乗り越えることに迷いがなく、“自分で出来る!”ことの実証を試みる。

また、幸福を実感し、目にする色々な色彩に心地よく揺られる自分の心を感じ取る。

今、「カラーオフィス 色彩感」として行うことを検討中である。

かつて、24種類もサロンのメニューがあったが、なるべくシンプルに、自分が行いたいことを第一に、新しい歩みを刻みたい。
| 色彩感 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

経済学セミナーに行く

先日から、福岡大学の市民カレッジに通っている。

選択したのは、『起業と経営に役立つ経済学入門』で全5回のコースだ。

すでに3回の聴講を済ませたが、正直言って…よくわかりません!(^^;)

講座の初日に言われました…。「経済学と経営学は違います」って。

たぶん、間違えて申し込みする人が過去にいて、期待した授業じゃなかった!と言われたケースがあったんだろうなあ、と思った。

はい、私もそうです。 そうよね、わかりそうなものなのに。……

まあ、でも、良い刺激になっている。部分的には理解出来てるし。

だいたい、なんで今さら経済学なのか。とっくに起業しているのに。

だいぶ以前にこのコラムに書いたことがあると思うが、経営のこととか本当に何も知らずに「色彩感」を開業してしまいました、無謀にも。

理念とポリシーはしっかり持っていたけれど、自営業をやっている人も身近におらず、モデルケースをシミュレートすることも出来なかったし、自分の経歴でもメーカー勤務くらいで、小売業のような一般個人客相手の商売など、全然。

それまでのフリーランスとしての働き方の延長線上でしかなかった。

だから、どうして「色彩感」の運営が12年も上手くいっていたのか、当の本人がわからなかった。

初年度こそ、色彩関連の売り上げは100万に満たなかったけれど、年を重ねる毎に倍倍ペースで伸びていった。

ただ、強い目的意識はあった。今後の人生を賭けるくらいの勢いでね。

それに関しては、女性にありがちな“サロンとか出来たらいいな♪”程度の軽い気持ちでは決してない。執念と集中力を持って挑んできた、と自負できる。

で、反対に、駄目になった理由はよく分かる。

病気のこともあるけれど、そもそも自分がいなければ回転しない仕組みだったことは大きな間違い。

また、流動的な費用と固定的な費用の捉え方が出来てなかった。

ある時期から事業主貸に固定的な支出が増えることになり、計算上は問題なかったのだが、月によって収支が違うと割を食う経費が発生し、それが「色彩感」の場合、設備投資の経費だった。

それは、「色彩感」を魅力あるものとして維持するのであれば、削ってはいけない費用なのだ。

そんなことが後からわかってもしょうがないね。

まあ、ホント、今さらなんだけれど、過去の反省をし、これからの戦略を考えるために、「経済学」、学んできま〜す。
| 色彩感 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

年の初めに思う

謹んで、新春のお慶びを申し上げます。

本年が、皆様にとって、心の喜びに満ちた年でありますよう、心からお祈りしております。

2012年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


さて、私は昨年、このコラムとは別に、アメブロのほうでブログを書き始めました。

そちらのほうには、今、お仕事を縮小中の理由を詳しく書いております。

検索をかけても山のようにあるホームページの中から、この“カラーサロン 色彩感”のホームページを見つけてくださり、そして、読んでくださり、共感を頂いてお問合せまでいただいて、本当に感謝しております。そして、恐縮しております。

2010年の夏に、12年営業しておりました「カラーサロン 色彩感」を、私の体力の問題で閉めざるを得なくなりました。

そして、事務所機能のみ、自宅に移し、過去のお客様や生徒の皆さんからのお問合せやご質問にはお応えをしておりました。

私としても、半年くらいで復帰出来れば、無理のない営業体制で、新しく企画を立ち上げてやっていこうと考えていました。

その際に、ホームページも刷新するつもりでした。

ところが、結局、昨年も完治する気配はなく時は過ぎ、2012年に暦が替わってしまいました。

体に不安を覚えて、丸2年になりました。

私はこれからも、今の状態のままなのではないかという懸念も一抹の不安とともに頭をよぎります。

このままでは、カラーの仕事の大半が出来ません。全く出来ないというより、行ったところでプロとしてのクオリティが保障出来ない仕事ぶりになってしまうということです。

そんな状態では、新規の仕事を自ら取りに行く行動には出られません。

職を替える? そういうことになるのかな…。

わずかなブランクだけで、何事も無かったように復帰しようと思っていたのですが、ブランクが長期に渡るとそうも行かなくなってきます。

2012年は、いずれにしても、“決心の年”となるのでしょう。


P.S. 昨日選んだカラーカードは、「ピンク・グリーン・黒」でした。「黒」が重いよね、やっぱり。

そして、今日選んだカードは、「ピンク・水色・レッド」。あはは、現実逃避の2色(ピンク・水色)と、超現実的な色(レッド)だ。これも言えてるかもね。
| 色彩感 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ただ今、勉強中

金曜日から、3日間集中の講座を受講している。

今日は中日で、受講生のテンションもだいぶ盛り上がってきた。

何の講座かというと、ヒーリング・テクニックの講座で、直接はカラーとは関係ないが、“癒し”つながりで私は興味を持っている。

一番の受講動機は自分のためで、このところ、自分の潜在意識がいったい何を考えているのか、どうも分からなくて、知る手がかりを得たいという思いから受講を決めた。

今日は、講師の方がデモンストレーションで鮮やかなヒーリングを披露されて、一同感動の拍手だった。

ヒーリングを受けた方の表情が、明らかに変わったのを私は確認した。

それに、ヒーリング後のセッションの練習で、わずかの間に、さっきよりも積極的になられたのも感じた。

ヒーリングの力は誰でも持っているそうだ。訓練すれば開花するらしい。

そう信じたい。

このスキルは、ぜったい自分のものにしたい。

カラーセラピーを続けたことにより、今の私があるように、これも必ず自分の一部分となるような存在にしたい。

これに出会えたのも、必然だったのだろう。

いづれ必要になることを見越されていたような気がする。

また、新たな仲間が出来そうだ。それも嬉しい。

| 色彩感 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

祝!4000!

今日から4月。新しい年度が始まりました。

何が「祝」なのかというと、このコラムにアクセスしてくださった回数が、先月分(2011年3月分)は、初めて「4000回/1ヶ月」を超えたのです。

これもひとえに、数あるホームページやブログの中から、このサイトを見つけてくださり、そして、ご覧頂いた皆様の支えがあってこそです。

心からお礼申し上げます。ありがとうございます。

思えば、2006年1月から書き始め、最初は、ほとんど更新していなかったこともあり、1ヶ月200アクセスほどしかなかったのですから、随分と成長したものです。

この「カラコのつぶやき」は、“カラーコーディネーターのつぶやき”を略したものですが、最初は、色彩感が2ヶ月に1回発行していた、newspaperの1コーナーとしてスタートしました。

ホームページを持つようになって、H.P.制作会社の方からのアドバイスもあり、こちらから発信する機会としてコラムページを作りました。

ブログの仕組みを利用しているので、ブログと思われている方もいらっしゃいますが、私の中では、なるべく私的なことを除き、色にまつわることと、色彩感の販促ページとして書いてきたつもりです。

ですが、コラムでは自ずと書くことが限られてくるので、実は、最近、ブログも別で始めました。

こちらは、日常のことや好きな画家や映画の話、色の世界からは離れた“ちょいネタ”も書いています。

でも、やっぱり、毎日書くのは大変ですね。ベタな私事は書きたくないし、それなりに意味のあるものをと思うと、ネタ切れはしょっちゅうです。

このコラムほど力は入れていませんが、よろしかったら、ブログも覗いてみてください。

ブログの方はアメブロを利用しているので、ペタやメッセージも残しやすいと思います。


このコラムをたくさんの方に見ていただいて、本当にありがたいです。感謝しています。

これからも、頑張って“色の話”を書き続けます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ご協力お願いいたします。(感謝!)
| 色彩感 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

明日から4月!

早いなあ、明日から4月、年度が新しくなりますね。

来年度の色彩感は、サービスメニューの変更と、サービスのスタイルも変わります。

昨年の7月で、渡辺通5丁目にありましたサロンの営業はひとまず終了しました。

それから8ヶ月も経ちますが、体調の関係で、表立った活動はお休みさせていただいておりました。

この間、色々な企画だけはあたためて、快復次第でいつでもオンできるようにしていました。

4月の終わりか、5月には、その第一弾が発表出来ると思います。

そして、「講座」も再開したいですね。こちらも新しい講座が準備中です。

一部ご心配頂いている皆様からは、温かいお言葉をたくさん頂戴し、恐縮の限りですが、そろそろ快復の方向に折り返し始めたのかな、と感じています。

こちらの話も、いつか、ご報告できたら、と思います。

一応、私の場合も診断名が付いているのですが、同じような症状で悩んでいる人の参考になれば、と思います。

何せ、症例が少ないから、私もそうですが、どうやって解決に向かえばいいのか、困っている方もいらっしゃると思います。

そんなこんなで、仕事がしたいのにくすぶっているしかなかった時間をよくぞ耐えたと思います。

でも、時間が長かった分、いい具合で仕事に向かう構えが出来たとも思います。

無理していたつもりはないのに、体は正直だからねえ。

自分の心身の語りに耳を傾けること、大事です。

| 色彩感 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

カラーセラピーを学ぶ

もう、10年以上前だが、ある各種学校からカラーセラピーの体験授業をやってくれと頼まれ引き受けた。

私は、当時、オーラライトやセンセーションといったシステムが決まったセラピーを学んで実践していたが、あの頃は、システムから離れてカラーセラピーを語れる人が少なかったと思う。

私は、そんなシステムにだけ頼ったりこだわったりはしないし、色彩の世界への出発点がカラーコーディネーターだったから、理論的に説明できないものは居心地が悪い感覚があった。

だから、オーラライトやセンセーションで学んだことを、それを知らない人が聞いても違和感のない一般的な話に落とし込むということを、当時からやっていたし出来ていた。

おそらく今でも、業界外の方は、カラーセラピーと色彩心理学が一緒だと思っている人も多いだろう。私は、カラーセラピーは学んだし教えてもいるが、色彩心理学は学んでいないし、教えてもいない。

システム化された各カラーセラピーは、理論的には説明できない部分もある。それは、各システムが、観念とか概念とかで構成されている部分もあるからだ。

そういう部分は、色彩心理やカラーセラピーの一般的な話をしたい時には外す。

システムによっては、観念の強いもの、ほぼ観念だけで構成されているものもある。

私が行っているカラーセラピーでは「センセーション・トリコロール」がそうだが、そういったシステムの場合は、その観念の部分、考え方のベースになっているものに対して、精通しているか強い関心がなければそのカラーセラピーの理解は難しい。

最初に関わったカラーセラピーがオーラライトとセンセーション・ベーシックで良かった。カラーコーディネーターからでも馴染みやすかった。

そして、今は、センセーション・トリコロールやアヴァターラもやって良かったと思う。

キュービック・カラーセラピーも学んでよかったが、キュービックはもうメニューから外す。

オーラライト類とキュービックはまったく質が違うセラピーだし、私はオーラライトなどのほうに馴染んでいるので、方向性は絞りたい。ま、他にも事情はあるけれどね。

これからカラーセラピーを学びたいと思う方は、今は世間にいろいろあって悩むだろうね。要はその人の応用力があれば、何を学んでも活かせると思うよ。
| 色彩感 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

色彩感の生徒さん

 これまでに色彩感でカラーセラピスト養成講座で学んでくださった方々の内訳を集計してみた。

私が教えた生徒さんたちは、これまでに128名に上る。これは、色彩感で関わった方の人数で、カルチャー教室や専門学校などの生徒さんは含まない。色彩感以外で教えた生徒さんの人数はおそらく500名は超えると思う。

その128名の内訳だが、つまり、カラーセラピーにとても興味を持っている人の内訳だが、独身者のほうが多くて62.7%。既婚者は37.3%だ。

既婚者のうち、専業主婦の方は38.3%、パートを含めて少しでも仕事をしている方は61.7%。

全体で見ると専業主婦の割合は14.3%だから、ご主人の収入だけで家族全員が食べていくというのは、昔の話になったのかもね。

仕事の面で見ていくと、安定的なお勤めをしている方が69%、自営業の方が16.7%だ。

職種だが、やはり一番多いのは事務職などのOLさんだが、その方を除くと、アロマやリフレク、エステ、マッサージ関係が多い。いわゆる癒し系つながりでスキルアップにカラーセラピーを受講する方が多い。

次いで、占い師やヒーラーの方々。カラーセラピーと占いはもちろん違うし、カラーセラピストがヒーラーのようなことをする訳ではない。(ヒーラーの能力のある人がカラーセラピーをすることはあるが)

なぜ、特殊能力のあるヒーラーの方がわざわざカラーセラピーを学ぶのだろうと疑問に思ったことがあるのだが、私の友人のカラーセラピストがその答えを教えてくれた。

それは、ヒーラーの方は、目に見えない部分のケアをすることが多いが、クライアントは目に見えないものだから、信じられない人、実感がつかめない人もいて、ヒーラーにはその変化が見えていても、クライアントに対しての説得力に欠けてしまうことが悩みだったりもするらしいのだ。

そこで、カラーセラピーという、カラーボトルやカラーカードなどツールを使うセラピーは、目に見える形でクライアントの心の内を示せる、ヒーラー自身も目で(色で)確認できる、というメリットがあるので、都合がいいらしいのだ。なるほどね。

なんたって、クライアントが自ら選んだ色だから、抗いようがない訳だよね。

さて、3番目に多い職種は、看護師や介護関係のお仕事の方だった。やはり、人のケアというところで、違った角度からスキルを磨く、そんな狙いがあるのだろう。

他には、小学校や幼稚園の教諭、保育師さん、美容師さんが続く。

色彩感で学ぶ方は、セラピストの養成講座なので、目的が割とはっきりした方が多いように思う。カルチャー教室の生徒さんとは違うと思う。

カルチャ−教室に来られる方は、意外と切羽詰った方が来られることもある。この話はまた次回にしよう。
| 色彩感 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あけましておめでとう

 謹んで新春のお慶びを申し上げます


昨年は、体調の関係もあって仕事をセーブし、また、仕事のやり方を変えたいとの強い願いから、思い切ってサロンも手放した。

サロンを手放しても、事務所としての機能は健在なわけだが、これが思わぬほど快適で、多少の不便は感じるが、このやり方をもっと早くからしていてもよかったなと思ったくらいだ。

さて、今年の色彩感の予定をお話しよう。

年末から準備を進めているのだが、色彩感にとっては新しいカラーセラピーのシステムを一つ導入する。時期は春くらいからかな。

これは、もともと「カラーヒーリング」のツールとして誕生したもので、このシステム以外でも、既存のオーラライトやセンセーションのヒーリング用のツールとしても代用できる。

ツールには香りがあり、たった7種類だが、シンプルなセンセーションに慣れているセラピストにとっては、使いこなすのもわけないだろう。


そして、今年はパーソナルカラーを教えることにも力を入れたい。

アナリシスのカリキュラムを新しくして、3コース作った。

いずれも、パーソナルカラーのアナリシスを理解して、ドレープの使い手になるための講座だ。

たぶん、他のスクールではやっていないであろうコースもある。内容構成も、カラーサロンで個人のお客様を対象に長年行ってきたことが反映される、私ならではのものだろう。


また、さまざまな方たちとコラボや、何らかの形で協力しあえるようなことが出来たらいいなと思う。

自分の強みを惜しげなく振る舞い、苦手な部分は遠慮なく他の助けを請う、そんな働き方をしていきたい。


どうぞ、皆様の2011年が素晴らしい年でありますように。
心よりお祈りしております。

| 色彩感 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ご無沙汰しました

すっかりご無沙汰してしまいました。

12年前、天神にほど近い渡辺通5丁目のワンルームマンションに一室を借りスタートした、“カラーサロン色彩感”は、8月に完全に引き払って、オフィスを渡辺通2丁目に移しました。


なんとか片付きました。

12年の間にたまった書類と資料、ドレープや画材の商売道具が、思った以上に多く、だいぶ整理したつもりだったが、狭い所に収めるのにパズルのように頭をひねった。

12年の間に蓄積したものは書類や資料以外にもたくさんある。

一番の財産は、お客様や生徒さんたちとの信頼関係。
「感謝」という言葉の意味を、この仕事を始めて、自分の生きてきた過程の中で遅まきながら初めて、大きな実感を伴って理解する体験ができた。

そして、あたりまえだが、専門的な知識とスキル。
これは、経験から学べるという非常に大きなチャンスに恵まれた。
自分でそういう環境を整えて、信念をもって取り組んできたからだが、やはりこれも、多くの方の協力をいただけたからこそ、実現できたことである。

そして、「愛情」について。
これは、この仕事から直接的にではなく、この仕事で関わった方からの紹介で知り合った、あるご夫婦を通じて知ることができたことである。

様々な学びの機会を得た“色彩感”であったが、こうやって、様々な学びから自分が変わっていくと、今、必要なもの、これから求めていきたいもの、など、これらも変わるのも当然である。

古い自分に固執する必要はないし、古い人間関係に固執する必要もない。

義理と義務は永遠ではなく、必要がなくなれば解放されてよいものだ。
ましてや、自分で作ってしまった義務など、現状と鑑みて形を変えていくほうがよい。

今回の決断は、“仕事の仕方を変えたい!”という勢いと、体調の問題、今後の生き方を見直すこと、などなど、複合的な理由がある。

自分のためにも、これまでのやり方とは変えたいと思っている。出来れば今までの“色彩感”とは違うものとして、何か存在させられたらいいと思う。

サロンと教室の活動は、今しばらくお休みします。電話は番号そのままで移行しました。メールアドレスも生きています。ご連絡は、メールのほうがいいかもね。

また、ご報告させていただきます。
| 色彩感 | 11:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM