若い人の「パーソナルカラー」

パーソナルカラー・アナリストの方の必需品といえば、診断用のドレープだが、100枚とか120枚になると結構な嵩(かさ)になって、仕事の予定もないのに毎日持ち歩くわけにはいかない。

それでも、「あの人、似合う色を見てくれるらしいよ」というふうに周囲の認識が高まってくると、「ねえ、私ってどういう色が似合うの?」などと尋ねられることはままある。

尋ねられても、仕事の七つ道具がなければ、なんとも言えない。

そこで、私は、非常にコンパクトにした自作の診断キッドをなるべく持ち歩いている。

パーソナルカラー用とカラーセラピー用を揃えているが、まあ、飲み会などの余興的な感覚で持っている。

先日、若い人(10代後半)の肌色を見る機会があった。髪を染めたいのだが、どんな色がいいのか思案中の様子だったので、ちょっと、簡単に見てみた。(診断と言えるほどのものではないです)

金銀ドレープで肌色の映りを見るだけなのだが、面白いことに気付いた。

その場にいたのは、10代後半、20代なかば、40代後半、50代前半の4人なのだが、金銀ドレープだけでも、中年二人は、明らかに似合わない色がはっきりするのに対して、若い人は、遜色があまりないので似合うか似合わないかが分かり難いのだ。

そりゃそうなのよね。

若い人は、トラブル(シミとかシワとか)のほとんどないきれいな肌を持っているから、元々の持ち点が高い。

だから、恐らく似合い難いだろうと思われる色をあてがっても、それほどダメージがない。

それに比べ、中年の肌は、シミ・シワ・くすみ、なんでも来てますから、ここで似合い難いだろうと思われる色をあてがったら、ダメージも辛いものがあるのだ。

やはり、若い人向けには、金銀ドレープだけではなく、テストカラーくらいは持ってないと、言いきる診断には無理がある。

まあ、若いうちは似合わない色によるマイナスが小さいので、似合う似合わないに関係なく、色々な色を試してみるのが一番だ。

そして、色々な色を試す中で、自分の目を養うこと。これが大事だ。

似合わない色を気にするのは、お肌のカドを感じ始めてからでいいんじゃないの。

というか、お肌のカドを感じたら、もうパーソナルカラーの診断は受けるべきだね。坂道下るのは早いからね(笑)。

| パーソナルカラー | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「似合う」と「似合わない」と「心地良い」

パーソナルカラーの診断を受けたり、アドバイスをもらったりしたことがある方から、たまに耳にすることなのだが、

「私は□□タイプで、○○色は着て良いけれど、△△色は着ちゃいけないんでしょ?だから、診断以来、△△色は一切着なくなりました!」

これ、何か、引っかかるものが私にはある。

それは、確かに、逆立ちしても似合わない色があるのは事実で、その色を避けるのは賢明なことだ。

私が引っかかったのは、先の発言の根底に、パーソナルカラーを「良い・悪い」で判断していそうな雰囲気が、感じられたからだ。

似合う・似合わないで診断されて提示される色については、似合う色を着ることが良いことで、似合わない色を着ることは悪いこと、では当然ない。

似合わなくても着たければ、着ればいい。別に悪いことは何もない。

どうしても、その色が必要になる心理的な状態もあると思う。

私たちは、いつでも自由に選択できる権利が一人ひとりにあって、アナリストがこう言ったからといって、従わなければならないことなんて何一つない。

パーソナルカラーの診断で知っていて欲しいのは、仮に△△色が似合いにくいとしても、着たければ着ればいいということ。ただ、“この色は、私には合わせるのが難しい色だったよなあ”と知っていることが大事だ。

絶対ここは外せない!という勝負時は、自分が一番映える色を着たほうがいいし、普通の時はお好みで、似合う色でも合わせるのが難しい色でも、着たい色を自由に選択すればいい。

ちなみに、もし、似合いにくいと言われた色でも着てみたい!と思ったら、スカーフやマフラーなどで、顔のすぐそばに来る色を調整する。顔・首と接しているトップスの色を、スカーフをはさむことで色を分断するのだ。

スカートやパンツなどのボトムスの色は、もともと顔からは離れているので、そう神経質になることはない。

身に着けるものは、似合うことも大事だが、自分が心地よくなる選択が一番大事なことだ。

| パーソナルカラー | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

友人とお買い物

今日は、友人の買い物に付き合った。

実は、洋服やアクセサリーなど、人の買い物に付き合うのは、私にとっては楽しい。

もともと、ショッピングは好きだが、私のパーソナルカラーの講釈を以前聞いた友人に、お買い物でアドバイスさせてもらえるのは、自分以外に二重に楽しめるというものだ。

さて、今日の友人のパーソナルカラー・タイプは、イエローベースのオータムタイプ。

少しくすみ加減の濃い色で、印象としては深みがある色が特徴だ。

彼女への診断は、別の友人の家で、その友人の服をドレープ代わりに顔のそばに当てて診断したので、似合う色傾向の詳細分析や、ベストカラーの傾向までは診断していないが、友人はオータムの典型タイプから、そう離れてはいないだろうと思われる。

お店は、安くて色々な色が手に入る、みんなのユニクロだ。

友人はパーカーを所望していたので、そのコーナーに行ったが、まず、私が目を付けたのは、この近くにあったセールのワゴンから引っ張り出した、フェイクファーの襟巻きだった。

オリーブグリーン系のミックスカラーで、これは本当に似合っていた。1290円だしね。友人にはお買い得でしたよ。試着してあったかいと言っていたので、機能性もOKだろう。

それで、最初の希望のパーカーだが、私が見る限り、色揃えはそう多くはなく、まあ、無難なところで紺色とベージュだったかな。

続いて、セーターコーナーに行ったが、こちらは今シーズン、オータムタイプにシフトしているような色揃えで、サマータイプの私としては友人がうらやましい限りだった。

まず、目に付いたくすんだオレンジ系の色をお薦めした。友人にしてみれば赤やオレンジ系の色など、今まで着たことはなかったのだろう、多少の戸惑いが見えたが、あっさり購入することに。

でも、ホント、きれいな色だったよ。友人が身に着けているところを早く見てみたいな。

そして、セーターコーナーでは、合計3着お買い上げ。イエロー系とグリーン系も購入した。

このイエロー系は銀杏の葉の色に深みが増した感じの色で、オータムの人の顔色が明るくなる色だ。

オータムタイプは顔色が明るくなる色が少ないので、1着持っていても良い色だろう。

そして、今日のグリーン系は、ちょっと冒険カラーだと思ったが、青が着にくいオータムタイプにお薦めするなら、青緑系で少し暗い色になるので、顔立ちを引き締める効果を狙って、1着お薦めした。

あと、友人の希望で桃色っぽいピンクのカーディガンも足して、お会計は合計1万円ちょっと。やっぱり安いねえ。でも、友人のワードローブの色揃えは充実したと思うよ。

着たことがない色の服でも、パーソナルカラーの裏づけがあって挑戦してみるのは、ワクワクすることじゃないかな。私も楽しかったです。

| パーソナルカラー | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

パーソナルカラーで賢い買い物

自分の「パーソナルカラー(=似合う色)」を知っていて、なおかつ日々活用している方は、間違いなく買い物が早い。

買い物が早くなる理由は、迷いが少ないからだが、パーソナルカラーの知識が不要な迷いを払拭してくれる。

何度か書いているが、まず、自分にはどうあがいたって似合わない色を把握しておくこと。

どんなにデザインが素敵でも、着心地が良い上質のものでも、また、値段が魅力的であっても、それが自分には似合わない“色”ならば、手を出さないことだ。絶対に、後々無駄になる。

私の場合であれば、「ブルーベースのサマータイプ」なのだが、茶色とオレンジ系の色は全く似合わない。

黒も洋服として着るには厳しいが、靴や鞄であれば占める面積が少ないし、黒はブルーベースなので、茶色を選択するよりかは賢い。

靴もブーツなどになると、装い全体に占める面積が多くなるので、黒はなるべく買わない。せいぜいダークグレーあたりに留めておく。

同じ理由で、パンツやロングスカートは、結構、占める面積が多くなるから、色選びも気を抜かないほうがいい。

以前、冬用に黒のミディ・スカートと、頂いた黒地のマキシ・スカートを持っていたが、やっぱり、どう合わせてもしっくり来ない。黒の面積が多くて、トップスにサマータイプのカラーを持ってきても、なかなか黒の強さを打ち消せないのだ。

「黒」であっても、素材やデザインを工夫して、緩和させる方法もある。

私の場合であれば、サマータイプに合う柔らかい素材のものを選ぶとか、黒の服でも、透かし模様やジャカード柄などで黒一辺倒に見えないものにするなど工夫する。

冬場は、市場が明度の低い色に偏るので、「サマータイプ」に合うような淡白な色が少なくて困る。(それでも、意地でも探すけれどね)

買い物が早いという話から、「黒」の話になってしまったな。

まあ、要するに、自分のパーソナルカラーを知っておくこととその応用の仕方、似合わない色の理解、似合い難い色の緩和のさせ方、などを勉強しておくと、買い物の時に無駄に考える時間を省き、判断力が増して、満足のいく買い物が出来るようになるよ、というお話でした。

| パーソナルカラー | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

見栄え

見栄えにこだわり過ぎるのは、愚なことなのかも知れないが、人への第一印象を良くするというのは、社会において、また、人生において大事なことだと思う。

自分が良く思われたいという私的なことではなくて、周囲の人に良い印象を与えるというのは、あなたに会った人が気持ち良くなれるかどうかという、相手のことを思いやった行為である。

これは、近い言葉では「エチケット」と言ったら分かりやすいのかと思うが、もっと深遠なもののような気がする。

社会に存在するあなたが、身奇麗な格好をして、良いほうの印象を与える表情で(笑顔など)、使う言葉も品と知性があり、話題も決して愚痴や卑下や他人の悪口ではなく、人とコミュニケーションが取れたら、相手の人は、とても気持ちが良いはずである。

上記の行為で生じる感情は、相手の方の私的な感情だが、併せて、あなたにも良い印象を持つことになる。

たまに、どんな丁寧な振る舞いでも、全てを慇懃無礼に受け取る人もいるみたいだが、やり過ぎでない限り、あまり気にしないことだ。

女性の場合なら、印象を左右するものとして、服装、お化粧、ヘアカラー、ヘアスタイル、ネイル、鞄、靴、装飾品、話題、話し方、声のトーン、仕種、立ち居振る舞い、などがあるのかな。

こうやって書き並べてみると、私自身もいくつか怪しいものがあるが、やはり、どれも日頃から気をつけていたいものだ。

カラーの分野で、女性の努力のお手伝いが出来るものとしては、「パーソナルカラー」が一番だろう。

たかが「色」と思うかも知れないが、自分に似合う色と似合わない色を知っていると、相手に与える印象を調節出来るわけだし、自分の強みになることは、確実である。

上記でいうと、服装、お化粧、ヘアカラー、ネイル、鞄、靴、装飾品まではカバー出来てしまうのだから、ウエイトは大きいね。

自己表現。日本人が苦手なものの一つだろうが、社会にいる限り、人との接触は避けられないのだから、あなたと接する相手の方のためにも、自分の印象を良くする手立てを考えてみてはいかがだろうか。

| パーソナルカラー | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

似合わない色を知ること

私が、自分のパーソナルカラーをアナリストの方に診断していただいたのが、1994年のことだった。

それまで、自分が身に着ける色のことに特別な関心を抱いたことは、一度もなく、色の存在とは「ただある」だけだった。

“似合わない”というのは、洋服と自分の関係であって、洋服の色に重点を置いて考えたことはなかった。

また、“着こなし”というのは、着る人のセンスやスタイル(体形)の問題で、“似合わない”と感じるのは、着ている本人の努力不足で、いわゆる着こなすセンスがないからNGなんだと思っていた。

ところが、パーソナルカラーの診断を初めて受けた時、人には、“似合う色”と“似合わない色”があることを知って、これは、当時は目からウロコの出来事だった。

“似合わない色”! これまで、洋服が自分に似合ってないのは自分のセンスや容姿のせいだと思い込んでいたから、どんなに抗っても着こなせない色が誰にでもあるんだ、と知って、とても心が楽になった。

パーソナルカラーで腑に落ちた瞬間だ。

これまで、どれほどの失敗を繰り返してきたことだろう、と思った。

大事な面接で着て行った、あのスーツの色は何?!

デザインが気に入って、色も悪くないだろうと思って着ていたトップス。この服を着ると、いつも化粧が映えない気がしていたのも、似合わない色だったからか。

今年の新色だからと、意気込んで買った口紅が、どんなに丁寧に塗っても浮いて腫れぼったい感じがしたのは、自分には似合わない色だったからかあ。

これまでの全ての失敗に、合点がいった。

それと、洋服のトータル・コーディネートも、とんでもない組み合わせを平気でしていたことに、今さらながら恥ずかしいと思った。

パーソナルカラー診断は、自分の“似合わない色”を知れたことに、私はとても大きな収穫があった、と思う。

そう、「無駄な抵抗」。“似合わない色”に、無駄な抵抗をしていたんだなあ、と。

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ありがとうございます!
| パーソナルカラー | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

パーソナルカラーを知っていれば…

ブティックの正面を飾るマネキンは、すっかり秋の装いだ。

焦げ茶にキャメルに、一気に茶系が増えるから、ブルーベースの者としては、この時期のウィンドウにほとんど魅力を感じない。

茶系は合わないんだよねえ。

パーソナルカラーとか全く知らなかった20代の頃は、季節が変わると自分の着る服の色合いも、秋っぽい色とか、冬っぽい色とかにしなければと、どこか思っていた。

パーソナルカラー診断を受けに来られたお客様の中にも、そのようにおっしゃっていた方が何人かいらっしゃった。

4シーズンボードを見て、「秋にはこの色を着なさい、という意味かと思いました」と。

パーソナルカラーを知る前、20代前半から30代前半にかけて、人生で最も果敢にチャレンジしていた、熱い時代が私にもあった。

当時のことを思い出すと、その時の勝負服に、今思えば全く似合わない色の服を着ていたなあ、と残念になる。

勝負するためのきちんとした格好というのは、スーツとかアンサンブルとか、形がかっちりしている物のことだと思って、印象を良くするのにその色合いが重要とは思ってもみなかった。

就職試験の解禁が当時は10月で(時代がバレるな)、9月から履歴書の受付だった。

東京の会社を受験したので、宿泊費がかさまないよう、9月の月末ぎりぎりにエントリーし、10月に入ってすぐ、1次試験だった。

幸いにとんとんと進み、3次か4次の前に一度帰福。すぐに次の試験で呼び出されたが、季節の変わり目で秋物スーツが間に合わなくて、姉のツーピースを借りた覚えがある。

姉も私とは似合う色合いが全然違うんだよなあ(苦笑)。

結局、5次か6次の最終試験の前に落ちたので、着る物に何が良いのか悩んだことは一旦収束。

私も浅はかだったけれど、もし、当時、パーソナルカラーを知っていれば、人生一番の勝負服に選んだ服は、色合いもデザインも違っていただろうなと思う。

自分の中で、「今日の服は私、イケてるぞ!」と思える日は、やはり自信につながる。

普通は緊張で萎縮しがちだが、イケてると思える日は、胸を張って堂々としていられるので、気持ちに余裕が持てる。やっぱり勝負服って大事。

もしかしたら、人生も変わっていたかもよ、とさえ思えてくるね。

二十歳を過ぎたら、適当な所でパーソナルカラーの知識を身に付けよう!ね!

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ご協力感謝いたします!
| パーソナルカラー | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

美と健康

適正な時間に睡眠が十分にとれている。偏りのない食事が3食きちんと出来ている。適度な運動をしている。

こういう肉体的に健康的な生活が送れていると、肌も髪も調子がよく、化粧ノリや髪のスタイリングもいい感じで決まり、余分な脂肪のコントロールも出来る。

また、心もストレスなく健康な状態だと、表情が生き生きとして、自ずと“魅力的で美しい”ものだ。

ただ、人は年を取る。年齢を重ねると、年相応の“美しさ”というものもあるが、客観的に見て、やはり年齢が若い人のほうが、肌が美しい。

いくつになっても、美しくいる意識を持っている人は、周りの人も幸せにするし、良いエネルギーの循環が起こる。

年を取っても“美しくいる”とは、ただ清潔であればいい、健康であればいい、というものではない。

加齢とともに肉体にはマイナスポイントが増えてくる。これを他人が見て見苦しいと感じてしまうようならアウトである。

加齢が引き起こす「減点」を少しでも抑えようと努力する際に、「パーソナルカラー(似合う色や似合わない色)」の知識を持っていることはとても心強い。

間違った色選びは、とんでもなく老けて見せることがある。また、上手く色選びが出来ていると、若々しく健康で、魅力的に見せてくれる。

装うこと。お洒落。化粧をすることや服装に気を使うことは、単に個人の楽しみではなくて、周囲の人たちへの(特にオフィシャルな場においての)配慮、気遣い、エチケットである。

健康に留意するだけではなく、“美しくいること”にも社会的責任があるんだね。きっと。

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、お願いします。感謝!
| パーソナルカラー | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

色彩の世界を学ぶ

誰でも、義務教育期間などに、色彩について勉強する機会がある。

たいていは、小、中学校時代の図画工作の時間にレクチャーされたと思う。

私は、子供の頃から絵を描くのが好きだったので、図画工作に“勉強”という意識はなく、むしろ楽しみな時間だった。

高校時代は、選択授業に美術を選び、唯一、高得点が得られた科目だった。先生が変わっていて、点数を自分で付けてよかったので、誰でも良い点数が取れた(!)

短大は芸術系の学校に進んだので、これも2年間、好きな美術三昧だった。

ずっと絵や色に関わってきた、その私ですら、あらためて「色彩学」を学ぶと、知らなかったことなど、新鮮な発見や学びがあり、感慨深いものがあった。

考えてみれば、物体には必ず色があり、私たちが手に取るもの、目で見るものに“色”があるのだから、色との関わりは一生涯に渡ってあるわけだ。

人生の全過程において、色との関わりがあるのなら、その“色”を自在に使いこなせたら、人生変わらないだろうか。

カラーセラピーでは、好きな色(心惹かれる色)を選ぶことで、自分のことが把握出来、これからどうしたいか、その意識と「色」を合わせること次第で、願望が叶っていく。

自分の性格的気質も色を使って変えることも出来る。(この件に関しては、良し悪しがあると思ってます)

パーソナルカラーでは、自分の身に付ける色に関わるが、顔色よく自分を生き生きと見せられる「色」を知ることで、外見が変われば人の評価も変わり、それに反応する自分の内面もだんだん変わっていく。

色彩学を勉強すると、配色理論を学び、様々な場面で活かせるカラーコーディネート術が身に付く。

本当に、色彩学、色彩心理、パーソナルカラー理論などの3大分野を知ると知らないでは、人生に大きな影響をおよぼす。

「色の知識」を身に付けることは、生きるか死ぬかのようなものではないが、彩り豊かな人生を送れるかそうでないかということには関係してくるだろう。さて、あなたはどっちがいい?

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、ご協力ありがとうございます
| パーソナルカラー | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

カラーコーディネートを楽しもう!

“洋服選び”は、楽しい!、けれど、難しいところもある。

カラコ(カラーコーディネーター)にとっても、何の制約もないプライベートの外出は、心から自由に自分のその日に着たいと思った服を選んで出掛けられるから、楽しい。

必ずしも、トップスかボトムスの洋服から着て行くものが決まるわけではなくて、時には、「あ、あのアクセサリーを付けたい!」から、それに合う洋服を決めていくこともある。

色の組み合わせで悩むことはないが(当たり前ですよね(^^;)ゞ)、TPOに合わせることに悩むことはよくある。

一番困るのが、高校とか専門学校とか大学とか、学校関係に講師で行く時。

当然、カラーの授業を頼まれているので、出来ればカラーコーディネートの見本となるような格好で行きたいところなのだが、な〜んで、日本の学校って、先生の服は地味なのでしょうねえ。

本当かどうか知らないけれど、聞いた話では、先生の服装のことを保護者から色々言われることがあって、結局、「無難な格好=地味な服」ということになるみたいだ。

でも、無難な服が地味な服とは限らない。

工夫次第では、モノトーンなどの定番色だけでも、センスよくまとめることも、自分に合う格好にすることも出来る。

一番大事なのは、「自分に合っている服装」だろう。

自分に合っていれば、見た人が違和感を感じないので、変に目に付くこともない。つまり、無難な格好になっている、ということだ。

できれば、「自分らしさ」をどこかに出していただきたいから、アクセサリーなどワンポイント、アクセントを付けていただければなお良い。

でも、今の先生は忙しくて大変と聞くから、そんな余裕はないかな。お察しします。

好きな色の服を自由に着用することは、セルフヒーリングにもなるんですよ〜。

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、よろしくお願いします(感謝!)
| パーソナルカラー | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM