グレーの空を塗り替えよう

こちらのコラムがご無沙汰になってしまった。

もう一つ、アメブロのブログを書いているので、双方のネタを振り分けて集めるのが結構めんどうでね(苦笑)。


さて、早いもので、来月には新年度を迎えるわけで、色々と忙しくしている方も多いだろう。

新しい節目を迎えるのは気持ちのいいものだ。というか、気持ち良く迎えたいものだ。

この1、2月の寒さと3月の長雨で、なんか気分も沈みがちで、スッキリしたい!という願望がむくむく芽生えているこの頃だ。

曇りや雨の日は、私たちの上空を占める空の色は「グレー」である。

「グレー」は、色彩心理面でもやはり“スッキリしない”感情を示す色である。

プライマリーアソシエーションから考えても、「煙の色、灰の色、泥の色」など、煙がかかってよく見えなかったり、燃え尽きてしまった残りカスで希望を感じ難い感覚だったり、べちゃべちゃした感触のあまり気持ちのいいものではない感覚だったり、ポジティブ要素を探し難い色だ。

また、白と黒の中間の色で、究極の「白・黒」に比べて、これまたはっきりしない「グレー」、どっちつかずで曖昧な答で濁すような、責任回避カラーでもある。

そんな「グレー」が、見上げる空一面を占めているここ最近の光景なのだから、私たちの気分がスッキリしないのも無理はない。

これを打開するには、やはり“色”作戦。紙と色鉛筆を用意しよう。

この場合、つい最近で感情が乱れるようなことが特になければ、カラーヒーリングにおける「吐き出し」の工程は省いて、「再生効果」を狙った色塗りから始めていいと思う。

まず、理想とか希望とかを観点に、未来像をイメージしてみる。願望が具体的にある人は、そのイメージをもっと膨らませてもいい。

そして、そのイメージを表すのに自分でこれがふさわしいと思う色を、多色の色材から好きに選び、紙に好きなように色を落としてみる。

形も好きなように。丸でも渦巻きでも、ハート型でも花丸でもいい。画面を占めるようにただ塗るだけでもいい。

塗っているうちに、さらにイメージが湧いてきたり、「こういうふうに塗りたい!」と感じたものもどんどん塗っていこう。

紙が足りなくなったら、新しいのに描き足していい。時間(作業)の経過によって、気分も変わってくるし、新たに発見した自分の思いなどもあるだろうからね。

要するに、気が済むまで“塗る”ということだ。

そうすると、だんだん落ち着いてきて、何か気分がスッキリしているのに気が付くだろう。

そうそう、体を動かすのも大事だから、ポーズをとったり踊りを入れながら(?)、塗ってみてもいいよ。


さて、天気のほうも、そろそろスッキリしてくれーい。

| カラーセラピー | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ヒーリングカラーの選色・提案

カラーセラピーを勉強しているとか、仕事にしているとか、そういう情報が相手に入ると、

「ねえ、ねえ、私のこんな気分の時には何色がいいの?」

と、ヒーリング効果のある色を教えて欲しいと求められることがあるだろう。

こんな時、簡単に答えてあげたいけれど、実のところ、ヒーリングカラーの選色は簡単ではない。

本当に、ただ一人のその人に向けてのヒーリングカラーを選び出すのなら、その当事者の情報を出来るだけ集めて、総合的かつ分析的に判断を下すことになる。

カラーセラピーにおけるヒーリングカラーの選色は、情報不足では、おおざっぱな一般論として答えるしか道がない。

一人ひとり違う人間だから、考えれば当然のことだが、その人に本当に合う“癒し色”は、一般論を越えた先にある、“唯一”のものだろう。

一般的に伝えられる「癒し色」と、その人に向けてカラーセラピストから提案された「癒し色」の違いを、私は、ドラッグストアで買える「一般薬」と、医者が診断したのちに書く「処方箋」との違い、というふうに説明している。

つまり、市販の一般薬は、とりあえず誰にでも適応出来るが、もしかしたらあなたの事情には合わないかも知れない。

そして、処方箋のほうは、様々な個人的な事情を鑑みて今のあなたにベストな癒し色の提案であり、症状が似ているからと言って、誰にでも当てはまる癒し色ではない。

カラーセラピストが介在したほうが、より具体的で適切なヒーリングカラーになるわけだ。

さて、そこで、先の問題だが、誰かからその人のヒーリングカラーを尋ねられたら、

「一般論でいい?」と了解を得てから答えるか、

親身になりたければ出来るだけたくさんの情報を開示していただいて取り組むか、ということになるだろう。

いずれにしても、あなたがカラーセラピストなら、テキストにある一般論的な“色彩心理”は理解した上で、目の前にいるクライアントさんの事情もよく理解して、そして、適切で的確なヒーリングカラーの選色・提案が出来ると最高だね!

| カラーセラピー | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

好きな色と嫌いな色

今日は、「嫌いな色」に焦点をあててみる。

カラーセラピーなどでは、「好きな色」を選ばせて、心理を紐解いていくことが多い。

「好きな色」=“心惹かれる色”として選んでもらうのだが、言葉にはし難い心うちでも、色に投影してもらって解釈をしていく。

では、「嫌いな色」の場合は、“今、欲しくない色”ということだが、触手を動かされない色というより、“自分に受け入れたくない色”という嫌悪の感覚で選んでもらうほうがいいかと思う。

「嫌悪感のある色」の意味合いを考えようと思ったら、まず、その色の「好ましい感覚を感じる」場合の意味合いをよく考えてみることだ。

そして、「嫌い」の場合は、その意味合いを“欲しくない”ほうにひっくり返せばいい。

つまり、“受け入れたい”ではなく、“受け入れたくない”というほうで解釈すればいいのだ。

具体的には、例えば、「赤」が嫌いな人は、次のようになる。

元々の「赤が好き」な時の意味合いが、「行動力、実行力がある。体育会系で、他をぐいぐい引っ張っていく迫力がある。多少強引、でも頼れる。」などなど、(まあ挙げ出したらきりがないが、)そう言ったところがあるが、「赤が嫌い」な場合は、上記のような人が嫌い、とか、上記のような人が起こす状況がイヤ、とか、または苦手、とか、「赤」を否定している感じだ。

この「嫌いな色」からも、クライアントさんを理解していくための様々なヒントを出してくれることになるから、見逃さないほうがいい。

ただ、個人的な事情があって、ある色を“嫌悪”している場合もある。

これは、「好きな色」の場合でも一緒だが、ある色に対して個人的な事情がある場合は、その人にとっての意味合いがあるはずなので、そこを考慮することだ。

いずれにしても、カラーセラピーなどでのカラーリーディングはマン・ツー・マンの対応になるから、その人を見て、話を聴いていく、話をしていく、ということだ。

| カラーセラピー | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

色の読み方

カラーセラピーにおいての「色の読み方」、つまり、その色の意味の解釈の仕方について、ちょっと触れておこう。

「その色の意味の解釈」と書いたが、カラーセラピーにおいて、「その色の意味」というのは、『あなたに選ばれたその色の意味』ということを示す。

つまり、ただ、「○色の意味は、〜。」、「△色の意味は、〜。」ということで解釈が出来るものではなく、『誰が』『その色を』『選んだ』という3点が分かっていなければ、クライアントさんの本当の心の内は解釈出来ない。

「○色の意味は、〜。」という知識はもちろん必要だ。これが原点だし、これが分かっていないようでは、カラーセラピーにおいてはお話にならない。

そして、『誰が』何色を選んだのか。同じ「赤色」でも、男性が選んだのか、女性が選んだのか、大人なのか子供なのか、職業はどういったものか、結婚しているのか独身なのか、その人の背景によって、基本となる色の意味の解釈を広げていかなければならない。

さらに、『選んだ』のは本人の気持ちか。カラーセラピーでは、ある色をその本人が選び取ったという事実も重要なのだ。

よく、右脳で選ぶ、というような話をするが、自分の感覚や感情優先で、自分の正直な気持ちで選ばれていることが確認出来なければ、セラピストの読み込みが上手く行かないこともある。

カラーセラピーのテキストや、巷に販売されているカラーセラピーの本には、当然だが、「○色の意味は、〜。」という表記になっている。

今日コラムに書いた内容は、このテキスト的な“色の意味”を丸暗記しても、それだけでは解釈には十分ではない、ということだ。

カラーセラピストが解釈することは、「色の意味」ではなくて、「その色を選んだクライアントさんのこと」を解釈することが目的だ。

ここを履き違えないでおいて欲しい、ね。

| カラーセラピー | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

色とストレス

「色彩心理」の面白くてすごいところは、色を媒介にすると、相手の深層の心模様の想像がつくというところだろう。

サラリーマンやOLさんの話を聴く時に、色を会話に盛り込むと、言葉だけでは表に出ていない心理が垣間見えたりする。

相手の方だって、自分の状態を的確に言葉で表現出来るとは限らない。むしろ、自分を語ることなんて、ほとんどの日本人は得意ではない。

出張セミナーなどで企業に伺うことがあるが、その際の皆さんの色の使い方(選色や塗り方など)を見ると、高いストレス度が出ていることも珍しくない。

それは、女性より男性のほうがはるかに高い。

ただ、ストレス度が高いからといって、直ちに“危険”というわけではない。

カラーセラピーセミナーなどのこのような場で、自由に日頃のストレスを表出できただけで、私は彼らを称えたいくらいだ。

それぐらい、普段、皆さんは自分の“ストレス”を抱えながら隠す態度を強いられているのだろう。

その点、女性は、日頃から友人との“おしゃべり”という手段で発散させる方法を身に付けている。

ところで、私たちカラーセラピストは、相手のストレス度を単に色から判断しているのではない。

使われた色と受講者のワークへの取り組み方、態度、話し方、会社での立場(役職など)や勤務年数、お仕事の内容など、総合的に判断するものだ。

どういう立場や状況でいる人が、この色を使ったのかで、意味は変わってくる。ここまで踏み込んでいかないと、通り一遍のカウンセリングになってしまう。もちろん、個人情報は、相手の方が自ら開示してくれる範囲までを知るだけだ。

例えば、ある社会人男性が「青」の色を選んだとする。これだけでは、ストレスが高いとは判断できない。

そして、その色を使ってのワークの取り組み方が、とても丁寧だったとする。このことから、セラピストは、ああ、この方はまじめな方なんだ、と少し“あたり”をつける。

それから、その色を使った理由を訊いてみる。ポジティブな理由か、ネガティブな理由か。

ここで、ネガティブな理由だったら、ストレス度のチェック開始だ。

お仕事の内容が営業職なら、自分の営業に自信がなかったり、営業成績が悪い時だったり。

フォローの仕方としては、もしかしたら、仕事を遂行するにあたって、自分の得意な部分に気付いてなかったりするので、そこは、色から汲み取れるものをお話しよう。

また、自分を追い込まないように、(そういう癖があるので)アドバイスすることも大切だ。

お仕事の内容が技術系なら、仕事で根を詰めすぎないようにというアドバイスの他、素になれる時に自分なりのリフレッシュ法を見付けておきましょう、ということも付け加えたい。

他にも、伝えておきたいことは沢山あるが、ここでは書ききれないのでこの辺にしておく。

カラーセラピーでもなんでもそうだろうけれど、これが私たちのお金を頂く仕事であれば、クライアントさんに対しては、相手の利益を考えるセッションが良いと、私は思う。

ストレスを抱えていると見受けられれば、少しでも気持ちが解放されるようにお手伝いしたい。

総合的、複合的に判断材料になる“色”は、とても有効だ。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、お願いいたします!(感謝!)
| カラーセラピー | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

薬の服用

先日、他の方のブログを拝見していて、共感するものがあった。

それは、三重県の心療内科・精神科のお医者さんが書かれているブログでのこと。

内容は、心理カウンセリングにおいて、クライアントさんの心的反応が重要なのに、向精神薬を服用していると、クライアントさんの心的反応が表に出にくくなってしまう。というもの。

私は、「あー、やっぱり。」と思った。

それというのも、以前、オーラ・ライトのカラーセラピーをあるクライアントさんに行っている時、普通に色を選んでいただいたのだが、私は何か「?」と感じるものがあって、どうもピンとこないことがあった。

それでも、カラー・リーディングを始めたが、やはり最初の印象通りで、例えて言えばアップダウンが激しい感じの読み取りになり、まとまらないセッションだった。

クライアントさんのほうは、至って機嫌が良く、気にしていない様子ではあったが。

あとで分かったことだが、そのクライアントさんから、「今、向精神薬を飲んでます。」という親告があり、選んだ色がこのようになるのは、薬のせいなのかな?と思っていた。

服用している薬によっては色選びに影響する、というのは十分考えられることだが、今日のお医者さんのブログを読んで、確信できたわけだ。

心的反応が表に出にくくなる、つまり、今の心情を的確に表す色ではないものに手が伸びてしまい、結果、心的反応が正しく表に出ていない色選びになってしまうようだ。

だから、カラーセラピーを受けるには、“健常者”が条件になる。

でも、本当に苦しい人は、すでに“健常者”ではなくなっているのだから、カラーセラピーの出番は?と思ってしまうよね。

カラーセラピストは、ある一つのセッションでどこまで踏み込めるものなのか。

その辺は、セラピストが必要な知識を身に付けた上で、クライアントさんの状況に応じてリアクションを考えていけるようになることだろう。



にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぷちっとクリック、ありがとうございます!
| カラーセラピー | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

変容する

クライアントさんの希望を伺ってもそうだが、私たちは、“変わりたい願望”が常にあると思う。

もっとも、カラーセラピーを希望されるクライアントさんは、何か困ったことや、悩み事、気持ちの整理がつかないものなどがあってお越しになるケースが多いのだから、結果、「現状を変えたい」という要望に行き着くのは当然かも知れない。

(カラーセラピーを希望されるお客様は、他に、占いとは違った視点で自分が未来に対してどう思っているのか確認したいとか、深い所の自分の気持ちを確かめたいなどの要望、精神的なメンテナンス、ただなんとなく、という動機でのコンサルテーションもあります)

しかし、この“自分自身の変容”について、ふと、思ったのだが、果たしてカラーセラピーで変容を起こすことは出来るのだろうか?ということ。

答は、「出来る」。けれど、「出来ない」ケースもある。なんのこっちゃ。

では、人が“変容”していく過程を考えてみよう。

※「変容」の正しい意味は、「外観が変わること」を指しますが、ここでは、「外や内が変わること」として使用いたします

“変容”は、様々な思考の結果として起こるものである。つまり、思考段階なくして、いきなり変容に結びつくことは無い、ということ。

では、その思考段階だが、まず、「気付き」。そして、「認めること」や「解放」。それと、「受け取ること」。…かな。

それぞれの段階でその人の“思考”が入って、「認めること」をするかしないか、「解放」をするかしないか、「受け取ること」をするかしないか、の判断がある。(無意識で行っている場合もある)

一番最初の「気付き」は、顕在意識と潜在意識がクロスする交点のようなものだ。

瞬間で「気付き」が起こり、この「気付き」だけで、“変容”へと向かうクライアントさんもいる。

カラーセラピーの場合は、この「気付き」が得意分野であろう。

しかし、「気付き」だけでは“変容”しない場合もある。

その後の「認めること」や「解放」がなされないと、現状が変わらない人もいる。

つまり、ありのままの自分を受け入れたり、執着のようになって、それが変わることを阻害している思考パターンを解放することである。

カラーセラピーの場合は、クライアントさんが自分自身を「認めること」までは出来る範囲だろう。

しかし、「解放」と「受け取ること」は、それを促すことは容易なことではない。

ここは、本来、ヒーリングの分野であって、カラーセラピーで解決出来るかどうかを議論するものではない。

「解放」は、現実の自分の意識の中で、余計な思考パターンになっているものを解放していくことだ。

「受け取ること」は、自分が欲しかったもの(有形・無形両方含む)にチャンスがあれば受け取ることを遠慮しないことである。これも、受け取らないでいることを選択する思考パターンを取り除いていく。

ここまで、クリアされれば、“変容”は起こる。

逆に言えば、何かどこかにブロックするものがあれば、“変容”はなかなか起こらない。


今年は、シータヒーリングを学んで、願望達成とはこういうことかなあ、という私の思いを書いてみました。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、よろしくお願いします(感謝!)
| カラーセラピー | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

数あれど

いやあ、本当に増えましたよね。

カラーセラピーやパーソナルカラーを生業とする方が。

色彩の専門分野は幅が広くて、上記のものの他に、ファッション、インテリア、エクステリア、商品色彩、街の色彩設計などなど、この世に存在する(形として見えている)物のほとんどに、“色”は関係してくる。

しかし、色彩業に関わる人のパーセンテージが抜き出て高いのが、やはり、カラーセラピーやパーソナルカラーだろう。

なぜかというと、お手軽だからね。

勉強するのも簡単、養成する期間も比較的短い、一人ですぐ始められる、とりあえず求められる知識がそう多くない…。

インターネットでホームページやブログを拝見していると、私も含めて皆さん、やっていることは似たり寄ったりで、「これっ」といった特徴はそう多くはない。

カラーセラピー・システムにしても、みんなどんどんシステムの“創始者”になっちゃっているけれど、どうなのよ、と正直思う。

何回も書いているから耳たこと思うけれど、100歩譲って、調査・研究が浅くてもシステムを構築することは良しとしよう。

肝心なのは、色彩心理というものをきちんと理解しているか、リーディングとヒーリングのスキルは十分か、色彩心理の根本がおさえられているか、といったところが大事だと思う。

しかし、作った側はいいとしても、それを利用しようとする側は、あまりにもカラーセラピーの種類が多くて相当迷うことになるだろうね。

選べるものが少なかった時代を知る者としては、現状がうらやましい限りだ。

だが、今もって知識があるからこそ自分に最適なものを選べるけれど、これから、どのカラーセラピーが自分に合うのか検討しようという方々は、たいていが初心者だから、この作業は悩んでしまうだろう。

知識で選べる人は、自分の思考を頼りに、選んでみよう。

知識で選べない人は、自分の直感を信じて、選んでみよう。

いずれにしても、他人の意見に従わないこと。

相談したり分からないことを尋ねるのは良いけれど、自分の進路は自分の決断が最優先だ。

“自分で決める”には、自分のニーズを自分がちゃんと把握と理解をしていることだからね。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています
ぽちっとクリック、ありがとございます!
| カラーセラピー | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お金を頂くということ

シータヒーリングのセミナーに参加した時、聞いた話だ。

カラーセラピーや色々なセラピーで、人に対してカウンセリングやコンサルテーション、セッションを行った際に、ちゃんと料金を頂きましょう、ということを聞いた。

シータをはじめ、「目に見えないものを扱うヒーリングやセラピー」の場合、ヒーラーやセラピストからエネルギーの交換や流れを良くしてもらう行為がなされるが、その時のエネルギーの様子をクライアントは見ることは出来ない。(エネルギーが見える能力がある人は別として)

しかし、そのセッションでは確かに、ヒーラーやセラピストによって、クライアントのエネルギーの交換が行われた。

それならば、その証として、「目に見える形での何かの交換」があったほうが、クライアントにとっても“交換”の実感が生まれて良いという考え方だ。

なるほどね、と思った。

「目に見える形での交換」は、お金じゃなくてもよい。

ヒーラーはクライアントにヒーリングを施す。クライアントはヒーラーに「はぐ」をして、“交換”のお返しをする。

という形でもよいそうだ。

カラーセラピーの場合は、とりあえず、目に見えない「心理」が「色」に置き換えられて指し示されるので、クライアントさんは“交換”の実感は感じやすいかも知れないが、「確かに行為が行われました」という“確認”はあったほうが良いのだろう。

カラーセラピーなどを学んだあと、せっかく資格を取ったのに、人にセラピーを施しても、お金を頂くことを遠慮する人が少なくない。

しかし、お金を頂かないことは、クライアントさんに対して自分が行った行為の存在を認めないことになり、ある意味失礼なのではないだろうか。

別に、お金に替わる何かを頂くことがあればそれでも良いが、もう一つの考え方で、「お金を頂くのがプロ」、「お金を貰わないのは素人」と区別するという話も聞いたことがある。

お金を頂くとなると、セラピスト自身にも責任感が生じ、自覚が芽生える。

この緊張感は、あったほうが良いと私は思う。

まだ、練習中だから…とうだうだ言って、自分の責任が生じるのを先延ばしにする人が結構いるが、たとえ、500円でも、お菓子の一袋でも、何か「目に見える交換の証拠」を残したほうが、クライアントにとっても、セラピストにとっても双方に良いことなのだろう。

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
ランキングが見られます
ぽちっとクリック、お願いいたします(感謝!)
| カラーセラピー | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

色とチャクラ

またまた、こんな実験をやってみた。

裏引きカラーセラピーの要領で、カラーカードを裏に向けて色が見えないようにした状態で、一枚ずつ左手の手のひらに乗せ、色に触れた時の感触を自分なりに仕分けして、“色を選ぶ”ということをやってみる。

感触分けした後、カードはそのまま裏に向けた状態で、今度は、左の手のひらを体のチャクラの位置に持って行き、各チャクラの具合を感じてみるということをやってみた。

そして、それぞれの感想を得た後、裏返しになっていたカラーカードを表に向けて、「カードで選んだ色」と「チャクラの感触」との相関関係があるかないか、見てみるということをした。

あらまー、面白い。

チャクラの感触のほうは、
ベース・チャクラ()は重たい感じがした。
スプレーン・チャクラ(オレンジ)は、特に可もなく不可もなく。
ソーラー・プレクサス・チャクラ(黄色)は、弾力がある感じで調子がいいみたい。
ハート・チャクラ()は、好ましい感触。(悪い感じがしない)
スロート・チャクラ()は、特に可もなく不可もなく。
サードアイ・チャクラ(藍色)は、何かびんびんと強く感じた。
クラウン・チャクラ(紫)は、何かエネルギー出てますー、という感じがした。

そして、カラーカードの色を見ないで選んだ結果は、
とオレンジは、なんにも感触がなくて関心が湧かなかった。
(チャクラでは「可もなく不可もなく」だった)

黄色は、とっても軽くて、今はどうでもいいみたいな感じ。
(チャクラでは「弾力があり調子がいい」だった)

一番関心を感じたのは、で、チャクラでは重たいと感じた色だ。

そして、次に関心を感じたのは。チャクラでは好ましく感じた。

それから、紫も私と引き合い、離しがたかった。チャクラでは「エネルギーが出てます感」があった色だ。

どう?面白いでしょう?

まとめると、おそらく、チャクラでは今、赤色が必要で、「足りていない」か「もっとあったほうがいい」というサインでしょう。

緑と紫のチャクラは、おそらく「活性化」しているのだろう。

関心が湧かなかった青とオレンジ、とても軽かった黄色は、これらも、今は調整する必要のない色なのでしょう。

チャクラの知識がないと解釈は難しいかも知れないが、自分で自分に行うのなら、感じたとおりを解釈すれば、それでいいと思うよ。

| カラーセラピー | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
カラーサロン“色彩感”
ホームページ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM